肌 たるみ 食事

人間の肌質には個人差がありますが、年を取れば誰しも肌はたるみが出ます。時の流れに逆らうことは難しいですが、たるみのない状態を少しでも維持するにはどうすればいいでしょう。

肌を外側からケアする方法としては、日焼け止めクリームやお肌を引き締める化粧品の活用、マッサージなどがありますが、内側から肌のたるみを取る方法も存在します。お肌と体にいい食事をすることで、肌の弾力とみずみずしさを取り戻し、たるみを減らすことが可能です。

肌にいい栄養素は幾つかあります。きれいな肌のためにはビタミンが必須ですが、ビタミンは体内では生成できません。ビタミンを必ず食事で摂取するのはなかなか大変なため、ビタミンのサプリメントもよく使われています。

細胞と細胞を結びつけ、乾燥から肌を守る効果がある成分にセラミドがあります。肌のたるみを目立たなくし、ハリのある肌になるためには、セラミドを多く含んでいる植物性油脂や魚油を積極的に取り入れましょう。

カロリーが高いからと動物性のたんぱく質を徹底的に避ける人もいますが、健康や肌のためにはある程度は必要です。魚や肉を必要な分だけ食べることで、アミノ酸を取り入れておくことができます。

ミネラルを含む食事をすることは、コラーゲンの増加に効果があります。ミネラルは、新陳代謝の促進にも効果的ですし、肌を酸化から守る効果もあるといいます。亜鉛、カルシウム、マグネシウム、鉄などょきちんと取り入れるようにします。バランスのいい献立を意識することによって、肌のたるみの少ないきれいな肌になることが可能でしょう。

 

サイトマップ