国土計画利用法と農地法

法律から見る土地

国土計画利用法と農地法 header image 3

国土計画利用法と農地法

宅地として利用するための土地取引において、十分に内容を理解することが必要な土地利用規制に関する法律があります。
まず、「国土計画利用法」ですが、総合的かつ計画的な国土の利用を図ることを目的とする法律で、国や地方公共団体における国土利用計画の策定と土地取引の規制に関する措置を主な内容としています。
このうち、土地取引の規制については、法律に定める面積以上の土地取引について、土地売買等の契約締結後2週間以内に都道府県知事へ事後届出することを義務付け、土地の利用目的等に関して知事が勧告できる制度も設けています。
また、地下の急激な上昇や投機的な取引を抑制するため、規制区域、注視区域、監視区域と呼ばれる区域を指定し、その区域内における一定規模の土地取引を事前届出制又は許可制とするほか、知事の勧告権も認めています。
また、「農地法」は、耕作者が自ら農地を取得することを促進し、その権利の保護と優良な農地の確保や生産力の増進を図ることを目的とする法律です。
この法律においては、農地の所有権を移転する場合には農業委員会の許可を必要としているほか、農地の転用についても都道府県知事の許可が必要とするなどの制限を加え、みだりに農地が耕作者以外の手に渡ったり、農地が農地以外に利用されることを抑制しています。

【※なお、冒頭使用した必須キーワード「国土計画 利用 法」は「国土利用計画法」の誤り(語順が違う)と思われますので訂正願います。】